Web版 有鄰

  『有鄰』最新号 『有鄰』バックナンバーインデックス 『有鄰』のご紹介(有隣堂出版目録)


有鄰

平成17年7月10日  第452号  P5

○座談会 P1   佐藤さとると「コロボックル」たち (1) (2) (3)
佐藤さとる/野上暁/松信裕  
○特集 P4   『クライマーズ・ハイ』まで17年  横山秀夫
○人と作品 P5   長辻象平と『元禄いわし侍』


 人と作品
長辻象平氏
深川の干鰯問屋をめぐる人々が織りなす人間模様を描く
長辻象平と『元禄いわし侍
   
  長辻象平氏

書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


元禄文化を支えていた豊漁のイワシ
 
   江戸・元禄年間(1688年〜1704年)は江戸時代の中でもアクセントの強い時代だ。 徳川五代将軍綱吉が「生類憐みの令」という動物保護政策を強行、"お犬様"と尊ばれた犬を頂点に、牛馬や虫が人間の命より大事に扱われた。 赤穂浪士の討ち入りという大事件が起きたことでも有名な時代である。 だが、干鰯[ほしか]と呼ばれるイワシの干物が、"お犬様"を養うタンパク源になっていたことを知る人は少ないだろう。 約100年の周期で大発生を繰り返すマイワシがそのころ大豊漁となり、元禄文化を支えていたのだ。

長辻象平さんは、『江戸の釣り』(平凡社新書)などの著書がある釣魚史研究家。 『元禄いわし侍』は、『忠臣蔵釣客伝[ちょうきゃくでん]』(講談社)に次ぐ2作目の小説で、<梅雨に入りますと九十九里の海で獲れる鰯に脂が乗りまして、魚油作りに向くようになりますので>など、魚についてのトリビアが満載の異色作だ。

「3歳のとき、フナ釣りをしたのが魚好きの始まりですね。 父親が少しいない間、釣り竿を預かっていたら、浮子[うき]がすっと沈んだ。 竿を上げたら釣れた。 驚いて、とても印象に残って以来、釣りが大好きになりました。」

昭和23年、鹿児島県出身。 京都大学で魚類生態学を学んだ。 現在の本業は、産経新聞社論説委員。 科学ジャーナリストをしながら、魚や釣りについての知識を収集してきた。 現存する日本最古の釣りの書『何羨録[かせんろく]』を書いた旗本、津軽采女[つがるうねめ](1667年〜1743年)がその時代の人だったことから、元禄時代への興味が派生したという。

『元禄いわし侍』は、元禄15年(1702年)3月から12月まで、春夏秋冬の章立てで物語が展開する。

深川の干鰯問屋の用心棒を務める浪人・笹森半九郎と女主人・以登との恋愛を軸に名刀「関の孫六」を所持する謎の浪人・吉田沢右衛門、陸奥津軽弘前藩の浪岡蔵人、蛇使いの女・おみのらが織りなす人間模様を描く。 盗賊が跳梁、半九郎は闇討ちにあっては撃退する。 12月、赤穂浪士の事件が起きる。 そんな時代を干鰯問屋の浮沈という江戸のビジネスを絡めて書いた。

「イワシ景気に支えられた庶民文化は明るかったが、上に立つ将軍綱吉の個性は強烈に暗かった。 『生類憐みの令』の、生き物を慈しめというメッセージは極めてまとも。 だが昔、社会主義の東欧を取材したときも思いましたが、シンプルで否定できない論理であるほど、運用されると不可解な状況を生むものです。 一方で、男女の情愛というあいまいな現象は、どの時代にも変わらずにあり、その積み重ねで歴史が続く。 だから、男女の情愛を柱に、元禄を書こうと構想しました。」
 

 
科学を考える上でも面白い江戸時代
 
   時代小説で難しいのは考証だが、その点はかなり厳密である。 「浪士の襲撃に備えて吉良上野介が抜け穴を掘っていたというドラマもあったが、本所で穴を掘れば水が出てすぐ潰れてしまう。 あり得ない。」など、釣りから派生して、江戸時代の取り調べ調書まで集めてきた知見が生きている。

本業が、科学ジャーナリスト。 理詰めの印象もあったが、小説を書くとは—。

「科学を考える上でも面白いことがありますよ。 ユークリッド幾何学では平行線は交わらないと考えますが、交わると考える幾何学もある。 僕はジャーナリストなので、その両方の視点からものを考えようとします。 江戸時代には狸囃子やろくろっ首など魔物の話がたくさんある。 平行線が交わることもあるという論理体系が、江戸時代にあったということですね。 特に河童伝説など、水辺は魔物がいる場所です。 釣りは、一本の糸だけで水の中と空気の中とで対話をする。 史料を漁るのも釣りに似て楽しい。 大きな魚がいそうだと見当をつけて面白い話を見つけたときは、捕らえたぞという思い。 反対に見当がはずれて釣果がなかったときはガッカリ。」

右手の手術をし、病院の長い待ち時間を、ストーリーを考えて紛らわせたことが小説を書くきっかけになった。 手術が失敗し、右手が麻痺して釣りができなくなったが、小説を書く仕事が増えた。

「小説を書くのは木彫りの彫刻をつくる感じ。 つくるというのは、知識を積み重ねる研究と違う面白さがあります。」

次作は、宝永年間(1704年〜1711年)が舞台。 綱吉が健在で、大法「生類憐みの令」がある中、闇夜に紛れてご禁制の釣りをする人々を書く。 水辺の物語。 魔物をふんだんに登場させたいという。


元禄いわし侍』 長辻象平 著
講談社 1,890円
(5%税込)

(青木千恵)
   




  有鄰らいぶらりい
 


書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


加藤廣 著
信長の棺』 日本経済新聞社 1,995円(5%税込)
 
  織田信長が天正10年6月、明智光秀の謀叛によって、本能寺で憤死したことは、あまりにも有名である。 その生涯を記録した史料として残されているのは、信長に書役として仕えた太田牛一[ぎゅういち]の『信長公記』だけだ。 本書は、その牛一を主人公に、信長の死の謎を追った、きわめて重厚な歴史ミステリーである。

信長の死の謎として、最大のものは何か。 それは信長の死骸がどこへ消えたか、である。 「信長さまの伝記を書きたい」、と牛一が決意したとき、最初に突き当たった謎もそれだった。

<本能寺で亡くなった信長さまのご遺骸が、どこに消えたのか、この謎解きも是非加えなければならない。 誰もが不思議がるくせに、誰も首を傾げるだけで、それ以上は触れようとしない。 これも二重の不思議だった……。>

秀吉が織田家を差し置いて挙行した葬儀はまったくの茶番で、<肝心の信長さまの棺の中は、ご遺骨不明のまま、代わりに焼いた木像の木灰だったという。>

信長から牛一が生前預かった重い五つの木箱の謎、さらには本能寺の構造の謎まで、作者は精細かつ大胆な推理を展開していく。

作者は経営・経済学者として高名で、小説家としては、本書が74歳にしての処女作。
 

千野隆司 著
追跡』 講談社 1,785円(5%税込)
 
 
 
『追 跡』 −講談社 刊−
 
追跡
−講談社 刊−
 

江戸の料亭「菊田川」の腕のいい板前、角次郎と乙蔵の二人は、新装開店の料亭に、主人の名代として招かれた帰路、永代橋の上で賭けをやることにした。 人通りもない。 欄干の上を歩いて渡りきることができたら、互いがもらってきた祝儀を相手からもらうというのだ。

面白い! そう言って、まず欄干に上ったのは、角次郎だった。 ところが途中、角次郎は転落して、溺死してしまう。

それから10数年後、菊田川家の主人が不慮の事故で死亡し、子飼いの乙蔵が次女をめとり、名も菊右衛門を襲名して店を継ぐ。 店は順風満帆に発展し、江戸でも一、二を争うことになる。

納得できないのは、角次郎の一人息子・磯市だった。 磯市も父に似て腕のいい板前だったが、その世界で生きることをこころよしとせず、江戸でも悪評高い高利貸しの手先となる。

磯市の狙いは、菊右衛門こと乙蔵を失脚させることだった。 乙蔵が永代橋の欄干の上から、父を突き落として死なせたに違いない……。 磯市は悪党の限りをつくす。

だが、事態は意外な方向へ発展していく。 磯市のカン違いが原因だったのだ。 江戸の料亭の事情なども詳しく描写され、楽しく読める時代小説長編。
 

阿刀田高 著
影まつり 集英社 1,785円(5%税込)
 
 

この作者は短編の名手だ。 何といっても、話芸がすぐれている。 ここに収められている作品は12編あるが、どの作品にも、つり込まれてしまう。

たとえば、冒頭の「二人の妻を愛した男」。 貿易関係の団体に勤める主人公の男が、駐在先のフランスのリヨンで知り合った画家との交流を描く。 画家はいつもプロムナードというベレーともハンチングともつかない帽子をかぶっていたが、最初に愛し合って結ばれたのは、黒髪豊かな日本人女性だった。 ところが、この愛妻は交通事故で急死する。

それから間もなく、画家はフランス女性と愛し合って結婚する。 フランス女性に金髪は少ないといわれ、その7割は染めているのだそうだが、この女性は、見事な金髪だった。 ところがこの女性も間もなく、交通事故で急死してしまう。

画家はリヨンを引き揚げて帰国、主人公と東京で再会するのだが、はたしてその二人の愛妻の事故死は偶然だったのか——?

この作品では人が人を好きになる背景に、『古事記』の<成り成りて、成り合わぬところ……成り成りて、成り余れるところ>ある故にイザナミとイザナギが結ばれたゆえんを引用するなど話術が巧みだ。 他の作品も短編の醍醐味を満喫させる。
 

横山秀夫 著
ルパンの消息』 (カッパ・ノベルス) 光文社 920円(5%税込)
 
 

元・事件記者という経験を生かし、警察や新聞社を舞台に迫真性のあるミステリーを書いてきた著者だが、この書き下ろしはまったく違う。

これまでの作品にあったノンフィクションと見まがうようなリアリティ、アクチュアリティはない。 15年前の女性教師殺人事件と、高校のツッパリ・3人組が"ルパン作戦"と称して、期末テストを盗みに学校へ忍び込む話とからみ合う。 さらには、昭和43年(1968年)の日本を震撼させ、迷宮入りしている「三億円事件」とも関係してくる。

完全なフィクションでありそれも本格推理といっていい奇想に満ちた話である。 こんな小説も書けるのか、それにしても売れっ子の著者が書き下ろしとはと感心して、あらためてカバーの帯を見たら、15年前に書いた処女作という。 今は無きサントリーミステリー大賞に応募したが佳作となり、これまでフロッピーディスクの中でこんこんと眠り続けていた、と「著者のことば」にある。

高校生トリオなどキャラクターの設定が面白く、とくに後半は意外性の連続で、細部まで行き届いた作品である。
 

(K・F)

(敬称略)


  『有鄰』 郵送購読のおすすめ

1年分の購読料は500円(8%税込)です。 有隣堂各店のサービスコーナーでお申込みいただくか、または切手で
〒244-8585 横浜市戸塚区品濃町881-16 有隣堂出版部までお送りください。 住所・氏名にはふりがなを記入して下さい。






ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.