Web版 有鄰

  『有鄰』最新号(P1) 『有鄰』バックナンバーインデックス 『有鄰』のご紹介(有隣堂出版目録)


有鄰

平成17年11月10日  第456号  P3

○座談会 P1   長崎源之助の児童文学 (1) (2) (3)
長崎源之助/小西正保/松信裕
○特集 P4   よこはまゴルフことはじめ  平野正裕
○人と作品 P5   奥泉光と『モーダルな事象』



座談会


戦争の虚しさを描く
長崎源之助の児童文学 (3)


書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


<画像の無断転用を禁じます。 画像の著作権は所蔵者・提供者あるいは撮影者にあります。>


  ◇戦争の体験、空襲や疎開のことを次の世代に
 
小西  

昭和31年に『日本児童文学』に発表した「チャコべエ」「トコトンヤレ」が日本児童文学者協会新人賞を受賞して作家として認められ、昭和43年に『ヒョコタンの山羊』で日本児童文学者協会賞を受賞されて児童文学に専念されるわけですね。
 

長崎  

はい。 勢いでそういうふうになっちゃったんですが、当時は児童書が割と売れ出した時期で、編集者が「次はこんなものを」と言ってきたんです。
 

小西  

昭和40年前後は、児童書がようやく息を吹き返して、活気を呈した時期で、課題図書などもだんだん売れるようになった時代です。 課題図書には数回入られてますよね。
 

長崎  

7回入りました。
 

小西   一番最初が『ゲンのいた谷』ですね。
 
『ゲンのいた谷』 実業之日本社
『ゲンのいた谷』
実業之日本社
長崎   はい。 学童疎開の少年たちを扱った、作家に専念して最初に書いた作品です。
 
小西   小さな小さなキツネ』『つりばしわたれ』『ゆきごんのおくりもの』『雪はちくたく』も課題図書になってますね。
 
長崎   あと『とざんでんしゃとモンシロチョウ』『ボク、ただいまレンタル中』。 鈴木義治さんの絵が多いんです。
 
松信  

小西先生は岩崎書店で長崎先生の絵本を何冊か編集されてますね。
 

小西  

ええ。 『おかあさんの紙びな』『つりばしわたれ』『にげだした学者犬』『ゆきのこうま』……。
 

長崎   『つりばしわたれ』は、数社の小学校の国語の教科書に掲載されたので、僕の作品の中で、一番読まれているようです。
 
『つりばしわたれ』 岩崎書店
つりばしわたれ
岩崎書店
小西  

一番印象に残っているのは、山中冬児さんが絵を描かれた『おかあさんの紙びな』ですね。 これは戦争中、疎開して、自分が持っていたおひな様がいつの間にかなくなってしまった。 大切なものまでお米に替えなければならなかった時代だったんです。 だだをこねる子どもに、おかあさんが紙を折っておひな様をつくってあげたという短い話で、ロングセラーです。
 


   戦争が風化していく今こそ読んでもらいたい
 
松信   長崎先生の文学の特徴というのは何でしょう。
 
小西  

一つは、兵隊として体験された戦争、それから横浜の空襲とか子どもの疎開とか、直接、間接の戦争体験を次の世代に伝えようというのが原点というか、中心じゃないかと私は思うんです。

  『どろんこ さぶ』 偕成社
  『どろんこ さぶ』
偕成社
終始、庶民の目を保ちながら戦争を描き、被害者としての庶民を描き続けてきた。 戦争と直接は関係のない、たとえばお父様のお仕事だった左官職人のことを書かれた『どろんこさぶ』などでも、息子が戦死したり、横浜の空襲のことや朝鮮人の差別の問題なども出てきますね。 どこかに戦争が尾を引いているというか、戦争を背負った児童文学だと言えるのではないでしょうか。 それはものすごく貴重なことだと思うんです。

戦後60年たって、戦争そのものが風化してしまい、今の子どもが、そんなことがあったということも知らない時代になってきた。 そういうなかで、長崎児童文学の原点ともいえる『あほうの星』のようないい作品があるのに、それを読んでくれる子どもがいなくなってしまった。 本当にもったいないと思うんですよ。
 

松信   「あほうの星」は「戦争と平和」子ども文学館シリーズ(日本図書センター)の3巻に、8巻には「えんぴつびな」「ガラスの花嫁さん」、10巻には「大もりいっちょう」、20巻には「焼けあとの白鳥」が収録されてますが、全集をはじめ、長崎先生のこういった作品のほとんどが今、手に入らないのが残念ですね。 大人が読んでも考えさせられる。 こういう作品は絶やしたくないですね。
 

   大人が読んでも感動できるのが本来の童話
 
松信   そういう意味で、大人向けの文学と童話の境はどの辺りにあるんでしょうか。
 
小西   だんだん境がなくなってきたという感じですね。 児童文学で書けないものはあると思うんです。 だけど、そんなに厳密に区別する必要もないかなという気もします。
 
長崎   ないですね。 最近、児童文学を書いていた人たちで、大人の小説を書いている人がいますね。 大人の本として出したほうが売れるんじゃないですか。
 
小西   宮澤賢治なんか、童話ですけれど、読んでいるのは大人ですね。 しかも大人が読んでそうだと思うことが書かれている。 本来の童話というのは、そういうものだろうと思います。 だから、大人が読んで感動したって、別におかしくはないと思う。 『あほうの星』なんか、大人が読んだほうがむしろ感動するでしょうね。 特に、戦争体験のある人たちは。
 

   愛しい横浜の歴史を子どもの目で見る
 
松信   先生は、『私のよこはま物語』や『ひばりのいた町』『人魚とトランペット』などで、横浜開港のころの話とか、お生まれになった下町の周辺のこと以外にも、横浜について、たくさん書いておられますね。 先生は、横浜をどういうふうに感じてらっしゃるんですか。
 
長崎  
  『私のよこはま物語』 偕成社
  『私のよこはま物語』
偕成社

横浜生まれで、横浜育ちなものだから、理屈でなく横浜がすごく愛しいというか、愛らしいですね。

横浜に関することを調べたとき、それを子どもの目で見たらどうかと考えたんです。 歴史というのは、だいたい大人の、しかも、偉い人の記録でしょう。 その歴史を、子どもの目で見たらどうだろうかと。

偉い人が高殿に上って、たくさん上がっている苫屋の竈[かまど]の煙を見て、ああ、われ富めりというのじゃなくて、その苫屋の煙を燃やしているかあちゃんの立場や、そのかあちゃんに言いつかって、薪を拾いに駆けずり回っている子どもたちの立場から世の中を見たらば、どうだろうかなというのが児童文学です。 言い換えると、児童に象徴される庶民の文学だと思います。
 


   希薄になった横浜の下町の人情が作品の中に
 
小西  

今言われたように、もう一つの長崎先生の文学の特徴は、横浜の下町の人情ですね。 誰さんの隣は何屋さんで、その隣は何屋でという、人と人とのつながり。 今、マンションの隣に誰がいるかもわからないような時代になって、そういうものが、現代の子どもたちの暮らしの中ではだんだん希薄になっていますよね。 そんな中で、長崎文学はこれからも貴重なものだと思うんです。

ですから、もっともっといろいろな長崎先生の作品が復刻されて、今の子どもたちにも読まれてほしい。
 

松信   時代が変わっても変わることのない文学ということでしょうか。
 
小西   そうですね。 本当の話だと思っていると、すごいフィクションが入っている。 そういう意味では今の子どもに非常に読みやすく工夫をされてますね。 しかも、そこには戦争や人の心の問題、人情というものが一貫してある。 これは変わっていかないと思うんです。 「不易流行」の文学ということでしょうか。 そういうもので長崎文学は形成されていると思うんです。
 

  ◇「豆の木文庫」は本のある遊び場
 
松信   先生は昭和45年から、現在も「豆の木文庫」をなさってますね。 どんな動機で始められたのですか。
 

自宅を開放した「豆の木文庫」で
自宅を開放した「豆の木文庫」で

長崎   出版社から寄贈されたり、友人の作家から送られてきた本がたまったので、本だって一人に読まれるより大勢の人に読まれたほうがうれしいだろうと思ったんです。
 
小西   小さい子は今はどんな本が好きなんですか。
 
長崎  

松谷みよ子さんのおばけシリーズみたいな、小さな本をよく借りていきますね。
 

松信  

文庫は先生のご自宅を開放されているんですか。
 

長崎  

初めはうちの一間を使っていたんですが、子どもが大勢来て、危険だから庭に増設したんです。
 

小西  

もう二代目ですか。 最初に読みに来た子がお母さんになって、その子どもが。
 

長崎  

そのころの子どもたちの親が今、おばあさんになって孫を連れてくる。 お母さんも「豆の木文庫」のお世話になったのよと言って。 手伝ってくれるボランティアさんの中にも、大学生のときに来ていて、子育てを終えて、まだ続いている人もいます。
 

小西  

35年もたてば、そうなりますね。
 


   子どもと子ども子どもと大人が触れ合うところ
 
長崎   隣町の六ッ川に神奈川県立こども医療センターがあるんですが、図書館がない頃、重度身障児の施設の看護婦さんが二人、うちへ本を借りにきてくれていたんです。 その看護婦さんが、「自分一人では座れないような重度の子どもたちを私のひざに乗せて絵本を広げて読んであげると、理解しているかどうかわからないけれど、体を震わせて、ほんとに喜んでいるのがはっきりわかるんです。 その振動が私の肌にじかに伝わってくるし、顔面神経を歪めたり、伸ばしたりしながら喜びを表現するんです。 それがうれしくて、子どもたちに本を読んでやるんです」と言ったんです。 それを聞いて、僕はすごく感動しました。 読書の原点はそれなんだと思いましたね。

ですから僕は、文庫は読書も大切ですが、本を仲立ちにして、子どもと子ども、子どもと大人が触れ合うところ、「本のある遊び場」だと思っています。
 


   今後も、子どもの日常を通じて戦争の虚しさを
 
松信   今後、どういうものをお書きになりたいか、お聞かせいただけますか。
 
小西   もっとたくさん書いていただきたいですね。 今こそ伝えなきゃならないものがたくさんある。
 
松信   今の子どもたちは戦争を知らないけれど、ゲームの世界にはバーチャルな殺し合いがあふれている。 実体験に基づいていないぶん、かえって怖い気がしますね。
 
小西  

下手をすると、もう一回戦争をやろう、などという時代になってきましたからね。 ですから、戦争の記憶というのは、もっともっと語り継がれていかなければいけないと思うんです。

子どもの読書がほんとに大切なのは、本を読んで自分で考えるということなんですね。 ただ、おもしろおかしい話を聞かせて、幼年時代を楽しく過ごさせてやろうということじゃなくて、そこに書かれていることをよく考えて、自分でものを考えるという子どもが育っていかないといけない。 そうしないと、もう一度、戦争の時代が来るのではないかと思うんです。 ですから、そういう意味でも、長崎先生の作品も、また文庫活動も大切なんです。
 

長崎   これからは『えんぴつびな』や『おかあさんの紙びな』のような短い作品で、子どもの日常を通じて戦争の虚しさみたいなものを書いていきたいと思っています。
 
松信  

いいお話をありがとうございました。





長崎源之助(ながさき げんのすけ)
1924年横浜生まれ。
 
小西正保(こにし まさやす)
1930年東京生まれ。
著書 『児童文学の伝統と創造』 ハッピーオウル社(近刊) 2,100円(5%税込)、『わたしの出会った作家と作品 (児童文学論集)』 創風社 2,940円(5%税込) ほか。


書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。





ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.