Web版 有鄰

  『有鄰』最新号(P1) 『有鄰』バックナンバーインデックス 『有鄰』のご紹介(有隣堂出版目録)


有鄰

平成17年11月10日  第456号  P5

○座談会 P1   長崎源之助の児童文学 (1) (2) (3)
長崎源之助/小西正保/松信裕
○特集 P4   よこはまゴルフことはじめ  平野正裕
○人と作品 P5   奥泉光と『モーダルな事象』


 人と作品
奥泉光氏
童話作家の遺稿をめぐる殺人事件の謎に挑む

奥泉光と『モーダルな事象
 
  奥泉光氏
文藝春秋提供

書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


謎が合理的に解かれる本格ミステリ
 
  

推理小説界に「社会派」の風を起こした松本清張は、純文学の賞、芥川賞を受けている。 奥泉光さんも芥川賞作家だが、新刊は本格ミステリの長編だ。 『「吾輩は猫である」殺人事件』(平成8年)など、ミステリ・SF風の小説も書いてきて、ミステリの依頼が増え、書いたという。

文藝春秋のシリーズ「本格ミステリ・マスターズ」の1冊。 童話作家の遺稿をめぐって連続する、首なし殺人事件の謎解きが楽しめる。

「一口にミステリといっても幅は広い。 従来のミステリから逸脱する展開も浮かびましたが、本格ミステリの様式に敬意を表そうと、謎が合理的に解かれる『本格』らしい納め方を選びました。」

関西の短大で文学を講じる桑潟幸一助教授(通称・桑幸[くわこう])は、編集者の猿渡から、童話作家・溝口俊平の遺稿の解説を頼まれる。 遺稿発見は話題になり、「泣ける童話」として出版されるや大ブームが起き、桑幸は「時の人」となる。 ところが、猿渡が首なし死体で見つかり、もう1人も——。 童話出版に関わったライター兼歌手の北川アキは、別れた夫の諸橋倫敦と〈元夫婦刑事〉のコンビを組み、一連の謎に挑んでいく。

「事件をどう広げて謎を合理的に解いていくか、中盤からが難しかった。 僕はどの作品でもエンタテインメントを意識しています。 殺人と謎解きというミステリは、読者を楽しませるのに有力な方法。 ミステリ好きの僕が読んで、面白い!と思うミステリを書いたつもりです。」

〈元夫婦刑事〉が、ある場所を訪ねるとヒントが見つかり、ドミノ倒しのごとく次に繋がる——という、松本清張が『砂の器』などで使った技法を取り入れた。 死体発見を報じる新聞や雑誌記事を模して挟み込み、大学講師陣の人間関係を皮肉ったり、〈御世話になります〉で始まる編集者独特の手紙文を入れたり。 笑える趣向も満載だ。

「世の中にある色々な”ボイス”を組み合わせて構築するのも、小説ならではの面白さなんですよ。 否定するわけではなく、ちょっと皮肉ってしまう……。 笑いながら泣いているような複雑な感覚をすくい上げて読者を刺激するのが、小説の醍醐味です。 泣ける小説=いい小説という風潮がありますが、泣くというのは、慣れ親しんだ感動パターンをなぞっているだけで、反復運動に新しい発見があるかというと疑問ですね。 泣くことは読書以外でも、例えば、きれいな景色をみても泣けますから。 パターンから逸脱した複雑さで読者を揺さぶってこそ、小説による本当の感動だと思います。」

仕掛けは他にもある。 『鳥類学者のファンタジア』(13年)の主役が脇役で登場している。 この、ある作品の主要人物が顔を出す”スピンオフ”の手法など序の口。 『「吾輩は猫である」殺人事件』から始まるSF・ミステリ風の小説世界を通して、「宇宙オルガン」建設に邁進する宇宙生命体、太古の地球文明に存在した「光る猫」の種族というモチーフを密かに繋げてあり、「奥泉作品」を読むほどに謎が増す構想になっている。
 

 
自分の小説の優れた読み手であることも必要
 
  

昭和31年、山形県生まれ。 国際基督教大学大学院修了。 近畿大学教授。 61年、初めて書いた小説「地の鳥天の魚群」でデビュー。 平成5年、『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞。 6年、『石の来歴』で芥川賞。 妻の江戸馨さんが主宰する「東京シェイクスピア・カンパニー」に戯曲を書き下ろし、フルートも演奏する。 ジャズミュージシャンとしてデビュー、ライブ活動もする——。

「基本的には小説を書くことと読むことが本業です。 こういう小説だったら自分は読むぞ、と思う小説を書こうとしていますが、簡単なことじゃないですね。 書き手のチャレンジと読者のエンタテインメントをどう両立させるかは常に課題で、自分の小説を冷静に読み、批評できる、優れた読み手であることも、書き手には必要です。 僕の父は数学教師で、父の書棚にあった松本清張や高木彬光、古典ミステリを中学時代に読みました。 その後、SFが好きになり、20歳前後でカフカやドストエフスキー、日本の小説を大量に読み、そして社会科学一辺倒となり……。 ゲーテの『ファウスト』は、ここ10年くらいかけて思い出しては読み続けています。 作家になる前後で、小栗虫太郎や久生十蘭をずいぶん読みました。 僕は小説を本当の娯楽だと思っていて、究めて、書いていきたいわけです。」
 

モーダルな事象』 奥泉光[おくいずみ ひかる]
文藝春秋 1,950円
(5%税込)

(青木千恵)
   




  有鄰らいぶらりい
 


書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


内田康夫 著
風の盆幻想』 幻冬舎 1,680円(5%税込)
 
 
 
『風の盆幻想』:表紙
 
風の盆幻想
−幻冬舎 刊−
 

毎年9月の初めに富山市八尾[やつお]町で催される風の盆は、元禄時代から伝えられてきたものだが、20年ほど前、高橋治の小説『風の盆恋歌』に描かれたのをきっかけに、日本中に有名になり、観光客でにぎわうようになった。

この小説はその幻想的風趣豊かな風の盆を背景にした推理小説。 おなじみの名探偵浅見光彦と作者内田康夫がコンビで登場し、風の盆のさなかに発生した事件の謎に迫るという趣向である。

事件とは、1人の男の、山中での異常死だ。 死んでいたのは、市内の老舗の旅館「弥寿多家[やすだや]」の若主人・安田晴人だった。 服毒死と断定されるが、警察は自殺として片付けた。 しかし、それに疑問を抱いた知人の知らせにより、内田、浅見のコンビが登場するのである。

風の盆をめぐっては、市内を二分する地元民の対立があった。 1つは、あくまでも伝統を墨守しようとする一派。 それに対し、これを観光資源として本番以前から町流しを催して盛り上げようとする一派。 安田晴人の父は観光に力を入れる一派の中心人物だったが、晴人は伝統派の娘と相思相愛になったため、歪んだ結婚を余儀なくされていたのだった……。 風の盆の風趣も楽しめるミステリーだ。

 
小野節子 著
女ひとり 世界に翔ぶ 講談社 1,680円(5%税込)
 
 

”国際公務員”として活躍する日本人女性の回想記。 国際公務員というのは耳慣れない言葉だが、国連その他国際諸機関の職員をいうらしい。

著者は1976年、世界銀行に入行し、アフリカ、中南米などの開発にたずさわってきたが、出自に触れれば、安田財閥創始者の曾孫で、銀行家一族。 また、音楽家、画家も一族に多い芸術家一家でもある。 聖心女子大を出た後、ジュネーブ大学院で国際問題を学び、博士号を取得したというエリート中のエリートである。 留学中に知り合ったイタリア人の貴族と結婚して渡米、トラブルもあったが克服して、国際公務員のキャリアとして活躍を始めた。

著者は、自国の利害とは縁を切り、人類全体の幸せのために奉仕するのが国際公務員の任務と自覚していたが、紆余曲折を余儀なくされる。 最初に取り組んだのは、アフリカ・モーリタニアの開発だった。 砂漠での灌漑、鉱山の開発、まさに血のにじむような努力だ。

しかしそうした苦難よりももっと著者を苦しめたのは、国際機関における人間関係だったようだ。 日本人の国際公務員は日本政府代表である。 そのため、各省間の軋轢に悩まされる。 ともあれ、この著者には心からの拍手を送りたい。

 
五木寛之 著
天命 東京書籍 1,365円(5%税込)
 
 

作家としての著者はかつてヴァガボンドであった。 植民地朝鮮で育ち、敗戦の混乱の中で母を失い、命がけで脱走し、引き揚げ後、父と弟を亡くして孤独な人生を余儀なくされた流転に由来するものであったろう。

しかし、その流転の人生に依拠して、最近ではライフワーク『百寺巡礼』にも見られるとおり、漂泊の存在感をたしかめる作家となっている。 『天命』は、そんな漂泊のなかからにじみ出たエッセーである。

生ある者は死ぬ。 必ず死ぬ。 だが、死は公平ではない。 何の罪も犯していない人が死の苦しみを負い、あるいは先に死ななければならない。 〈この「死の不公平感」を納得させることばはどこにもありません〉。 〈不公平で理不尽だからこそ、人は、もうひとつの世界がなければ救われないのです〉。

著者は、そういった日常的感覚のなかから、仏教の世界へ入っていく。 親鸞の『歎異抄』だ。 「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」。 「悪人」とは悲しみにみちた人間的な存在ですと、著者はいうのである。

人間の命は、まさに例外なく神(天)から授かったものだ。 それを自覚することが、天命を生きることなのだと、著者は平明に語りかけてくれるのだ。

 
中丸美繪 著
杉村春子』(文春文庫) 文藝春秋 840円(5%税込)
 
 

公演947回におよぶ「女の一生」をはじめ、「華岡青洲の妻」634回、「欲望という名の電車」594回など「これほど再演された当たり役をいくつも持つ女優は、日本史に存在しない」大女優にして、文学座の”帝”。 芝居を見ない人も、名匠・小津安二郎の映画などではお馴染みだろう。

最初に結婚した医師・長広岸郎、劇作家・森本薫との不倫の恋、2度目の夫・石山季彦はいずれも年下で、みな結核で早世した。 著者が新たに発掘した日系2世の恋人は、12歳年下という恋多き女。

文学座分裂騒ぎのとき、一方の主役だった福田恒存は、三島由紀夫と杉村の確執にふれて「あの女には男どもがみな精気をぬかれてしまう」と語る。 91歳で亡くなった時の密葬で、棺の中の杉村に別れを告げた文学座の1人は「やっと、普通のお婆さんに戻ったね」とつぶやいた。

著者は6年間に及ぶという丹念な取材による新事実—数多くの証言や記録によって、まさに、”普通”でなかった「女の一生」を劇的に描いている。 見る角度によって変化する矛盾をも、そのまま忠実に伝える手法が、そのままドラマを生んでいるのだ。

単行本に手を入れ、さらにしまった文庫版。

(K・F)
(敬称略)


  『有鄰』 郵送購読のおすすめ

1年分の購読料は500円(8%税込)です。 有隣堂各店のサービスコーナーでお申込みいただくか、または切手で
〒244-8585 横浜市戸塚区品濃町881-16 有隣堂出版部までお送りください。 住所・氏名にはふりがなを記入して下さい。






ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.