Web版 有鄰

  『有鄰』最新号(P1) 『有鄰』バックナンバーインデックス 『有鄰』のご紹介(有隣堂出版目録)


有鄰

平成19年4月10日  第473号  P5

○特集 P1   第三の故郷 佐藤多佳子
○座談会 P2   横浜開港と五雲亭貞秀 (1) (2) (3)
横田洋一/木下直之/桑山童奈/松信裕
○人と作品 P5   小沢章友と『三島転生』
○有鄰らいぶらりい P5   パオロ・マッツァリーノ 著 『つっこみ力』渡辺淳一 著 『鈍感力』なかにし礼 著 『戦場のニーナ』夏樹静子 著 『四文字の殺意』
○類書紹介 P6   「いじめ」に関する本・・・深刻化する社会問題を映し出した小説・児童文学・絵本。


 人と作品
小沢章友 氏
自決から三島由紀夫の生涯をたどる物語

小沢章友と『三島転生

  小沢章友 氏

書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


衝撃的な死に対する謎解き
 
  

『三島転生』は、三島由紀夫を敬愛する作家が、三島由紀夫をテーマに書いた小説である。 昭和45年11月25日、作家、三島由紀夫は、陸上自衛隊市ケ谷駐屯地で割腹自殺を遂げ、45年の生涯を自ら閉じた。

「僕は早稲田大学の学生で、騒然とした学生会館で事件を知りました。 衝撃は今も鮮明です。 なぜ?なぜ三島由紀夫はそんな凄絶な死を選んだのか?抱いた疑問は解かれることなく、胸の奥にあった。 疑問を抱えたまま30年が過ぎ、息をひきとる刹那、三島由紀夫の魂が凝視していたものに一歩でも近づきたいと、小説を書きました」

物語は、自決後、肉体を抜け出た魂(死有)が、自らの生い立ちをたどる設定だ。 2部構成で、生まれてから20歳までが第1部、自決の日のことが第2部で書かれる。 大正14年1月14日に生まれた平岡公威[きみたけ](三島由紀夫の本名)は少年時代、ラディゲの文学に傾倒。 〈自分も、天才の証しをたてたうえで死のう〉と"20歳の死"に魅了される。 そして昭和20年、20歳の公威が、玉音放送による終戦の大詔を聞く。

次に"死有"は、25年の歳月を飛び越え、第2部で、自決の日をみつめる。 その日作家の三島由紀夫は、『天人五衰』最終回の原稿に目を通し、担当編集者に電話をしている。 〈僕は午前中には出かけちゃうんだよ。 楯の会の例会に行かなきゃならないんだ〉。 原稿を封筒に二重に入れ、メモ用紙に〈人生は短いが、私は永遠に生きたい〉と、走り書きをする——。

「とにかく最後の一日を書きたかったので、三島由紀夫が世に出て、華々しく生きた25年間についてむしろ書かず、"その日"に焦点を絞って書きました。 三島由紀夫が追求した哲学的な認識、特に『豊饒の海』第3巻、『暁の寺』に登場する"阿頼耶識[あらやしき]"の概念を念頭に、三島文学の影響を受けた僕が書くことで、何か乗り移るようなものがあれば、それが僕なりの、あの衝撃的な死に対する謎解きになるかもしれないと考えました」

6年前に始め、3年がかりで書き上げた。 一昨年、胃がんの手術を受ける苦しさもあったが、ようやく刊行になり安堵しているという。

「生前からの愛読者で、弟子入りしたいとさえ思っていた。 一番好きな作品は『金閣寺』で、ほかには『仮面の告白』『美しい星』。 死後に刊行された『天人五衰』を読み、日本文学は何という至宝を失ってしまったのかと、痛切な喪失感を味わった。 僕たちの世代は背伸びしてでも教養を身に付けようと大量に本を読みましたが、僕がその中で好きだったのは、三島由紀夫、谷崎潤一郎、川端康成、芥川龍之介、バタイユ、コクトー、ボードレールら、耽美的というか、独特の美学がある作家ばかりだった。 上田秋成『雨月物語』など、日本には妖魔が踊るような幻想、美的な文学が伝統としてありましたが、三島由紀夫の死後、伝統が途絶えていると思う。 僕はあとを継ぎたいと、ひそかに考えているのですが」
 

 
現実が辛く別世界の冒険譚などで幻想的な世界へ
 
  

昭和24年、佐賀県生まれ。 早大政経学部卒。 コピーライターを経て、平成5年、『遊民爺さん』で開高健賞奨励賞。 『夢魔の森』『陰陽師狼蘭』などの王朝ゴシックロマン、『千年天使』などのモダンホラーの著書多数。 芥川龍之介の死の謎を追った『龍之介地獄変』もある。 子供時代は『千夜一夜物語』『西遊記』『三国志』を愛読した。

「大やけどをするなど現実が辛く、別世界の冒険譚や幻想物語で自分を癒していました。 それで、幻想的な世界が好きになったのだと思います。 広告コピーは、クライアントの気持ちを代弁するものですが、小説は反対で、自分の気持ち、精神をむき出しにしないと書けない。 やっぱり小説の方が面白くて、作家になりました」

今年は『三島転生』を含めて3冊本が出る予定。 女子大生の就職活動を応援する携帯小説も書いている。

「どうやったら人に読んでもらえるか、今の時代に受け入れられるように工夫して書いています。 自分の理想郷に近い三島由紀夫をテーマに書くのはのびのびと楽しく、三島由紀夫に引きずり込まれるようにして書けました。 国内外のたくさんの作家からメッセージを受け取ったから、自分も娯楽小説にバタイユやヘッセ、ボードレールのエッセンスを隠し味で入れ、いろいろな方法で発信したい。 発信すれば、どこかで誰かが読んでくれるかもしれないから」
 

三島転生』 小沢章友 [おざわあきとも]
ポプラ社
 1,680円(5%税込)

(青木千恵)




有鄰らいぶらりい


書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。


パオロ・マッツァリーノ 著
つっこみ力 (ちくま新書) 筑摩書房 735円(5%税込)
 

 

この欄でも紹介している『鈍感力』をはじめ、このところ「——力」という本が目立つ。 赤瀬川原平さんが書いて流行語にもなった『老人力』以来の現象だろう。

「力」という言葉にそぐわない、あるいは反対の概念を結び付けて衝撃力をねらったタイトルで、もちろん本来の日本語にはない造語である。

本書も、外国人の書いたハウツウ物に、この手のタイトルをつけたものと思ったら、だいぶ違っていた。 第一に著者は匿名日本人のペンネームらしい。 内容も、漫才の「つっこみ」の話にはじまる文明批評である。

「つっこみ」は「ぼけ」を分りやすくし、さらに笑いを増幅させる日本独自の芸。 「ぼけ」だけで終わる外国の漫談などにはない高度なものという(余談ながら一人でぼけとつっこみを兼ねる落語はもっと高級と思うが)。

笑いによる「つっこみ」は議論などより、よほど権力に対する有効な武器になると、以下、さまざまな学説をふりまく経済学や社会学の権威を批判していく。 最近出た『タバコ有害論に異議あり!』という本は肺ガン誘引説や副流煙の害を扱った統計の解釈に正面から異議を唱えていたが、この本でも切り方によってどうにでも扱え"統計やデータのでたらめぶりに"つっこみ"を入れている。
 

渡辺淳一 著
鈍感力 集英社 1,155円(5%税込)
 

「鈍感力」。 聞き慣れない言葉である。 しかしわかりにくい言葉ではない。 シャープな感性より、むしろ鈍な感性の方が、生き強い、という意味だろうと見当はつく。

<それぞれの世界で、それなりの成功をおさめている人々は、才能はもちろん、その底に、必ずいい意味での鈍感力を秘めているものです。 鈍感、それはまさに本来の才能を大きく育み、花咲かせる、最大の力です。>

冒頭で著者は、まずこのように言う。 その具体例としてあげる一つは、叱られ強いことだ。 叱られても、めげない。 著者の周囲には、そういった仲間で才能を開花させた者が何人もいるという。

これは単なる雑談ではない。 著者は作家であると同時に、医学博士の資格を持つベテランの医師だけに、人間の生理に根ざした解説なのである。 たとえば<健康であるためにもっとも大切なことは、いつも全身の血がさらさらと流れることです。 そのためには、あまりくよくよせず……いい意味での鈍さが、血の流れをスムースに保つ要因になるのです。>

どの章を読んでも、あまりむつかしいことは書いていない。 とにかく余りビクビク、クヨクヨしないで仕事に向かうことだ。
 

なかにし礼 著
戦場のニーナ 講談社 1,890円(5%税込)
 
戦場のニーナ・表紙画像
  戦場のニーナ
  −講談社 刊−
一人の国籍不明の女児の、戦後60有余年に及ぶ波乱の生涯をたどった壮大なロマンだ。 1945年8月、旧満州の日本軍占拠地は、ソ連の空と地上両面からの完膚なきまでの攻撃に全滅。 ところが意外なことに、地中の穴から女の乳幼児の声がして、救い出される。 赤ン坊はニーナと名付けられる。 チェホフの『かもめ』の主人公の名だ。

ニーナは元気に育つが、育てる親がいない。 このため孤児院に預けられる。 そこで、音楽教師でヴァイオリニストのダヴィッドと出会い、音楽的才能を伸ばしてもらいながら、愛情を受ける。

だが、激動の時代。 ダヴィッドはソ連からフランスへ亡命し、演奏活動に専念するようになる。 ニーナは再び孤独に——。 ソ連は自由な国ロシアに戻り、ダヴィッドは演奏家として日本を訪れる。 この機会を逃すわけにいかないと、ニーナも日本を訪れ、ダヴィッドと再会へ。

じつはニーナは満州で発見された時、一枚の写真があった。 日本の赤ン坊の着物を着ていた。 そのこともあり、ニーナは成長するにつれて、自分は日本人だと思うようになった。 日本語の全く話せない日本人。 だが日本で日本人と交わる中で、彼女の口から日本語がとび出すのだった。 感動を誘う力作だ。
 

夏樹静子 著
四文字の殺意 文藝春秋 1,600円(5%税込)
 
 

「ひめごと」「ほころび」「ぬれぎぬ」「うらぐち」「やぶへび」「あやまち」の六編から成るミステリー短篇集。 いずれもたった四文字の言葉に、犯罪の心の闇をしのばせて展開する趣向。 なかなか巧みな作話術だ。

「ひめごと」は、携帯万能の現代を背景とした作品。 みずきは入社3年目、幼児向き教材メーカーに勤務するOL。 一人暮らしで、この日は六本木のレストランで男友だちと一緒に夕食をとる予定だったが、携帯で相手が不都合になったと連絡があった。 急に思いついて、母親のいる伊豆の実家を訪ねることにする。 母はメールで、夕方プールに行ってくるが連絡してほしい、と。 携帯へも家の電話へも連絡を入れるが母は出ない。 まあ突然行ってびっくりさせてやろうと訪ねた実家で母は何者かに殺されていた。 しかも犯行時間はメールの発信時間と合わなかった……。

もう一篇紹介しよう。 「あやまち」。 音楽家殺人事件である。 里花は30代半ば。 音楽学校時代の師に今もヴァイオリンの個人レッスンを受けている。 師はまだ独身の里花に少なからぬ好意を抱いていた。 この日、レッスンが終わり、二人でコーヒーを飲んだ後、里花は辞去した。 だがその直後、師はマントルピースの前で倒れて死んでいた。 頭には薪のような鈍器でなぐられた痕跡があった……。 日本ミステリー大賞受賞者の最新作。
 

(K・F)
(敬称略)


  『有鄰』 郵送購読のおすすめ

1年分の購読料は500円(8%税込)です。 有隣堂各店のサービスコーナーでお申込みいただくか、または切手で
〒244-8585 横浜市戸塚区品濃町881-16 有隣堂出版部までお送りください。 住所・氏名にはふりがなを記入して下さい。






ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.