Web版 有鄰

  『有鄰』最新号(P1) 『有鄰』バックナンバーインデックス 『有鄰』のご紹介(有隣堂出版物)


有鄰

平成20年8月10日  第489号  P3

○座談会 P1   箱根火山 噴火の新しいメカニズムをさぐる (1) (2) (3)
高橋正樹/萬年一剛/山下浩之/松信裕
○特集 1 P4   源氏物語一〇〇〇年 藤井貞和
○特集 2 P4   横浜開港150年・有隣堂創業100年
「横浜を築いた建築家たち (2)」 ブラントン
 吉田鋼市
○人と作品 P5   吉行和子と『老嬢は今日も上機嫌』
○有鄰らいぶらりい P5   瀬戸内寂聴 著 横尾忠則 画 『奇縁まんだら』井上ひさし 著 『ボローニャ紀行』北村慶 著 『排出権取引とは何か』三宅勝久 著 『自衛隊員が死んでいく』
○類書紹介 P6   裁判員制度…いよいよ来年から導入される制度を、正しく理解するために。



座談会


箱根火山
噴火の新しいメカニズムをさぐる  (3)

 

<画像の無断転用を禁じます。 画像の著作権は所蔵者・提供者あるいは撮影者にあります。>
 

  ◇強羅・湖尻で「じょうご型カルデラ」を発見
 

山下

 

久野先生の地質の解釈が違うのではないかと考えたわけですね。

萬年

 

そうです。 久野先生とカルデラのでき方について論争を繰り広げられてきた地球物理学者の横山泉先生は、カルデラは爆発で大きなじょうご型の逆円錐形の穴があき、そこに爆発で吹き上がった火山灰とか石が落ちて、それを埋めてできたものだと言われたんです。 それでカルデラの中の5、600メートルの温泉ボーリングコアを再検討することにしました。

高橋

 

箱根火山の基盤の地層は、湯ケ島層群ではないのでは、というところから始まるのですね。

萬年

 

はい。 ボーリングで出てきたものは、見た目は確かに伊豆半島の湯ケ島層群に似ているんですが、変質の度合いが全然違う。 湯ケ島層群には変質したときにできる鉱物があるんですが、箱根の下にあるものはほとんど変質していないんです。

それで、これは横山先生が考えられた「じょうご型カルデラ」の堆積物ではないかと思ったんです。

松信

 

箱根カルデラ全体が爆発してできたということでしょうか。

萬年

 

そうじゃないです。 箱根で見つかった「じょうご型カルデラ」は、大きいものでも直径4キロくらい、他は1〜2キロと見られます。

高橋

 

つまり、箱根カルデラは、地下にあった大きなマグマ溜りへ現在のカルデラのサイズのまま地表が陥没したのではなくて、あまり大きくないカルデラがたくさんできて、それが浸食されてつながって現在の大きな輪郭ができた。 現在の地形は、浸食でつながった複数のカルデラの集合体ではないかということですね。 私は、萬年さんの説を支持しているのですが、なにぶん、まだできたばかりの説なので。

箱根のカルデラができた時期は23万年前と6万5千年前の2回ですよね。 どちらも、そのようにしてできたんですか。

萬年

 

6万5千年前にできた「じょうご型カルデラ」は見つかっています。 23万年前のものも、最近見つかって、検討中です。

高橋

 

「じょうご型カルデラ」はどこで見つかったのですか。

萬年

 

少なくとも2つ、強羅[ごうら]付近と湖尻のあたり。 あと2つは、状況証拠なんですが仙石原と芦ノ湯のあたりにもあると考えています。


    「東京軽石」の噴火のときにできたカルデラ
 

松信

 

「じょうご型カルデラ」がいつできたか、どうやってわかるのですか。

萬年

 

強羅と湖尻のカルデラを埋めている地層の中に、前期中央火口丘の石が入っているので、前期中央火口丘ができてから穴ぼこができたということになります。 そこに水がたまって、カルデラ湖ができた。 その湖の堆積物の中から、すごく寒い時期のトウヒとか針葉樹の花粉の化石が出てくるんです。

そういう寒い時期は、カルデラができてから1万年前ぐらいまでの間では、「東京軽石」が噴出したすぐ後がそうなので、「東京軽石」噴火のときに強羅カルデラと湖尻カルデラができたんじゃないかと考えられます。


    地下深部から熱水が上昇している強羅カルデラ
 

高橋

 

強羅のあたりは盆地状で、市街地があるところは平坦ですね。 萬年さんの説だと、平坦なところは6万5千年前にできたカルデラの真上にあたるわけですね。

萬年

 

そうですね。 強羅は温泉の開発がすごく難しいところでした。 というのは、強羅は坂になっていますが、これは早雲山が崩れてできた斜面なんです。 穴を掘っても、早雲山から流れてきた土砂や大きな石がたくさんあって、地下水は豊富にあるのですが温泉は出ない。 要するに大きな石の隙間がたくさんあるので、雨が降ると水がそこを流れてしまうんです。

それでも深くまで掘ると、まず湖の堆積物が出てくる。 この堆積物はすごく細かい泥でできていて、それが上の地下水を遮蔽している。 それで湖の地層を掘り抜くと今度はカルデラを埋めた火山礫凝灰岩があり、これは割と水を通しやすい。 その中に、温泉が入っているんです。

ですから温泉の分布を見ると、強羅カルデラに当たったのは成功した温泉なんです。 ちょっと外れると温泉は出ない。 強羅温泉があるのはカルデラのおかげなんです。

高橋

 

カルデラがわかったことで温泉を含めいろいろなことが説明できるんですね。


  ◇後期中央火口丘の活動と冠ヶ岳の噴火
 

高橋

 

その後は現在の中央火口丘(後期中央火口丘)の活動になりますが、これはそれまでの活動と違って爆発的な噴火は行っておらず、おとなしい活動です。 ただし、3千年か4千年に 1回ぐらい、小規模ですが火砕流を噴出する噴火をして現在に至ってます。

松信

 

台ヶ岳とか、丸山、神山、駒ヶ岳、二子山などがそうですね。 中でも二子山は非常に独特な格好していますね。

高橋

 

中央火口丘には、いわゆる複成火山もありますが、単成火山的な溶岩ドームも結構あります。 二子山が一番典型的で、粘り気の高い比較的規模の小さな噴火を繰り返しています。

最も噴火活動が活発だったのは2万年前前後で、そのときまでに現在見られる後期中央火口丘の山々のかなりの部分が形成されています。 噴火の間隔は数千年に1回程度と非常に長いものです。

山下  

最後のマグマ噴火は大涌谷[おおわくだに]の噴気地帯の裏に聳える約3千年前の冠ヶ岳[かんむりがたけ]です。

  冠ヶ岳 神奈川県立生命の星・地球博物館提供
  冠ヶ岳
神奈川県立生命の星・地球博物館提供
   
萬年  

湖尻のほうから見ると、屏風で囲まれたような中にポコッと冠ヶ岳がある。 この屏風みたいなものは、冠ヶ岳がムクムクと上がってくるときに水蒸気爆発で神山の斜面が崩れた跡なんです。 崩れた堆積物が湖尻や仙石原のほうへ流れた。

山下  

それが早川をせき止めて芦ノ湖ができたんです。

高橋

 

山体崩壊としては結構大きいですね。 中央火口丘では一番怖い火山災害です。

萬年

 

最後にマグマが出てきて、冠ヶ岳をつくった。


    一番新しい活動は鎌倉時代の水蒸気爆発
 

高橋

 

その後の活動の中心は、大涌谷に限られてきますが、どのような噴火活動があったのでしょうか。

萬年

 

冠ヶ岳ができて最後と言われていたのですが、大木靖衛さんが空中写真で神山や駒ヶ岳にたくさん穴ぼこがあいているのを見つけ、水蒸気爆発の跡ではないかと考えられたのですが、見つからなかった。 ところが最近、小林淳さんという方が水蒸気爆発の噴出物を大涌谷の周りで5つ見つけた。 一番古いのが3千年前、一番新しいのが12世紀から13世紀、鎌倉時代ということがわかりました。

松信

 

どのぐらいの規模だったのですか。

萬年

 

姥子[うばこ]温泉で火山灰が1センチ積るか積もらないぐらいです。 現在の大涌谷付近に火口があったようです。

水蒸気爆発というのは火山噴火の中では規模が一番小さく、2つあります。 1つは、火山活動が活発化して、地面のすぐ下の水蒸気が温められる。 小規模でもマグマが上がってきて直接地下水を温めたり、熱くなった地下水が上がってきて地下に溜まり、それがポンと爆発する。

もう1つは、噴気孔を地すべりなどで覆ったり、工事の際に埋めたりすることで中の水蒸気の圧力が高まって、後で爆発するものです。

高橋

 

箱根は活火山といわれていますが、マグマを噴出する噴火は数千年に1回ぐらいと非常に少ない。 ところが水蒸気爆発は結構あります。 箱根の火山災害で一番怖いのは水蒸気爆発です。


  ◇活断層が真ん中を通っている活火山
 

高橋

 
  真鶴マイクロプレート
  真鶴マイクロプレート
神奈川県立生命の星・地球博物館特別展図録『箱根火山』より
(小山, 1993から作図)
   
  箱根火山のプルアパート構造
  箱根火山のプルアパート構造
神奈川県立生命の星・地球博物館特別展図録『箱根火山』より
(日本地質協会, 2007)
   

箱根火山のもう一つの大きな特徴は、活断層が真ん中を通っている活火山であるということです。 南側の丹那断層は第一級の横ずれ活断層で、丹那トンネルや新丹那トンネルを切っています。 1930年の北伊豆地震で丹那断層が動いたときは丹那トンネルを掘っている最中で、貫通直後のトンネルがずれて、掘り直したという有名な話があります。

その続きが箱根の北側にある平山断層です。 活断層が活火山の真ん中を切っているという例はあまりありませんね。

真鶴マイクロプレート説という静岡大学の小山真人さんが提唱している考えがあります。 現在の伊豆半島には、しばしば群発地震を起こす伊豆東部火山群と呼ばれる独立単成火山群があります。 単成火山の地下には岩脈があって、それが地表まで到達した地点に単成火山ができます。 地表にまで到達できなくとも、群発地震が起こることで地下に岩脈が入ってきたことがわかります。 東伊豆の独立単成火山群の地下には岩脈がたくさんあり、その分だけ地殻が開いたことになる。 だから、開いた分のつじつまをどこかで合わせないと歪[ひずみ]がたまってしまう。 それを解消しているのが国府津・松田断層ではないかという考えです。

丹那・平山断層は、断層の東側にあたる伊豆東部火山群で拡大したブロックが北北東に動くため、左横ずれの動きをします。 北北東に動いたブロックは、国府津・松田断層で大磯丘陵の下へ沈み込むことで、伊豆東部火山群で生じた歪を解消しているのです。

国府津・松田断層、丹那・平山断層、伊豆東部火山群、そして相模湾に存在する西相模湾断裂で区切られた地殻のブロックが、北北東に向かって動いていく。 このブロックが真鶴マイクロプレートで、現在の伊豆半島北部はそのような状況なのではないかという考えです。

真鶴マイクロプレートが北北東へ動くと丹那断層と平山断層の間にプルアパートと呼ばれる開口割れ目ができ、そこにマグマが上がってくる。 それが箱根の中央火口丘をつくっているのではないか。

萬年

 

僕も、そういう開口割れ目にカルデラができていると考えています。

高橋

 

まだ仮説の段階ですが、これらの活断層による地震活動と箱根の火山噴火には何か関係があるのではないかという説があります。

国府津・松田断層が動いて真鶴マイクロプレートが沈み込むと、丹那断層・平山断層といった横ずれ断層も動き、あいた隙間にマグマが上がってきて噴火するというのは考えやすい。

萬年

 

13世紀の水蒸気爆発の跡がわかった後、国府津・松田断層が発掘調査されて、12世紀から13世紀に動いたというのがわかって、地震と箱根の噴火は関係あるのかなと思うようになりました。

高橋

 

私も次に箱根がマグマ噴火するのは、国府津・松田断層が動いたときではないかと思います。


    地下のマグマ溜まりとつながっている強羅の温泉
 

萬年

 

2001年の箱根の群発地震のとき、温泉地学研究所の観測史上初めて箱根の山体が膨脹したんです。 深い所にマグマが入ってきたのだと思いますが、それとほぼ同時に、強羅のある温泉で温度がピクッと上がったんです。

強羅の温泉は、食塩(塩化物)泉という塩を含んだ温泉で、マグマから直接上がってきた水に一番近いと考えられています。 そこの温泉に限ってピクッと温度が上がったということは、地下のマグマ溜まりと、強羅の温泉はつながっているらしいということがわかってきました。

高橋

 

箱根は、地表に噴火はしなくとも地下にマグマが上がってくるたびに温泉の材料が供給される。 温泉資源が豊かで、涸れにくい温泉といわれています。 それは活断層がど真ん中を切っているという箱根火山独自の特徴のためなのかもしれません。


    箱根火山のことがすべてわかる展覧会
 

山下

 

箱根火山は非常に面白い生い立ちが新しくわかってきました。 博物館では、こういうことをぜひ知っていただきたいということで特別展を企画しました。 もう一つ、大涌谷自然科学館が閉館になり、生命の星・地球博物館でも箱根をとりあげてもらいたいというニーズにこたえる意味もありました。

展示では久野先生がつくられた従来の箱根火山のモデルと、今日お話があった新しい歴史とを比較しています。 火山灰の地層の剥ぎ取りや、噴火の模擬実験で火山ができる様子もお見せします。 地形や溶岩、岩石、火山灰、化石、石材など、箱根のことがすべてわかるはずです。

高橋

 

箱根火山はそれ自体さまざまなものが見られる素晴しい火山の博物館ですから特別展だけではなくて、常設の展示もしてほしいですね。

松信

 

そうですね。 ありがとうございました。






高橋正樹 (たかはし まさき)
1950年東京生まれ。
著書『島弧・マグマ・テクトニクス』 東京大学出版会 4,410円(5%税込)、ほか。

萬年一剛 (まんねん かずたか)
1971年横浜生まれ。
共編訳『世界の火山百科図鑑』 柊風舎 8,925円(5%税込)、ほか

山下浩之 (やました ひろゆき)
1967年神奈川県生まれ。
共著『[かながわの自然図鑑 1] 岩石・鉱物・地層』 有隣堂 1,680円(5%税込)、ほか。

書名(青字下線)』や表紙画像は、日本出版販売(株)の運営する「Honya Club.com」にリンクしております。
「Honya Club有隣堂」での会員登録等につきましては、当社ではなく日本出版販売(株)が管理しております。
ご利用の際は、Honya Club.comの【利用規約】や【ご利用ガイド】(ともに外部リンク・新しいウインドウで表示)
を必ずご一読くださいませ。



ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.