COLORCOVER

何色になさいますか?

1977年10月の「読書週間」より使用。 きっかけは「有隣堂のファンづくり」

当時、文庫の売上比は書籍全体の中でもそれほど高いものではありませんでした。 時代的にも活字離れが叫ばれる中、私たちは文庫の"ポータブルで楽しく読める"特色に注目、ライフスタイルに合わせて気軽に文庫本を楽しんでいただくには…と考えたのが「文庫カラーカバー」です。

素材の選定から色落ちの実験などさまざまな試行錯誤を重ねた結果、7色(レインボーカラー)のカラーカバーができあがりました。

7色にしたのはカラーコーディネートを楽しんでいただくためだけではありません。 書店のレジは、お買い上げの本を受け取り、お会計を済ませ、包装した本をお渡しする、ただそれだけの素っ気のない対応しかありません。 何とかお客さまとの会話をもちたい、お客さまのご要望をもっと知りたい…そのためのきっかけとして「なに色のカバーになさいますか?」と思い切って声をおかけすることにしたのです。

お客さまのリクエストで10色に。 そして実用新案登録へ。

"アイボリー"、"グレー"、"ブラック"の3色が加わったのは1986年から。 実は、お客さまからの「モノトーンのカバーも欲しい。」という熱心なリクエストにより誕生したのです。 以来、ジャンルで色分けしたり、季節で色を選んだりと、お客さま自身でカラーカバーを楽しんでいただいています。 また、1998年には実用新案登録をいたしました。(第3054544号)

近頃はリサイクルの面から、またスピーディな対応をお求めになるお客様からも、「カバーは不要です。」という声をお聞きすることがあります。 しかし10色の文庫カラーカバーはお客さまとともに作り上げた大きな財産。 接客に工夫しながら今後も「なに色のカバーになさいますか?」とお声をかけていきたいと思います。

「文庫カラーカバー」は全10色。
  • ダークブルー
    <ダークブルー>
  • ライトブルー
    <ライトブルー>
  • グリーン
    <グリーン>
  • イエロー
    <イエロー>
  • オレンジ
    <オレンジ>
  • ピンク
    <ピンク>
  • ワインレッド
    <ワインレッド>
  • アイボリー
    <アイボリー>
  • グレー
    <グレー>
  • ブラック
    <ブラック>
人気ベスト5(2009~2010年・有隣堂全店調べ)
  • 1位:ブラック
  • 2位:ダークブルー
  • 3位:グリーン
  • 4位:ライトブルー
  • 5位:ワインレッド
※写真の色はコンピュータディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合がございます。ご了承ください。
「かたつむり」のマーク
かたつむりのマーク
「かたつむり」のマークは《小さなスペースに豊かな情報がつまっている「文庫」という空間》と、《ゆっくり確実に一歩一歩あゆむ》、《そのツノ(触手)が常に繊細な情報をキャッチしている》ことから採用しました。 カバーの色によって印刷の色は2種類あります。
ゴールデンリバー
有隣堂の「文庫カラーカバー」は、紙面に広がる広大な黄河の流れをイメージして作られた "ゴールデンリバー"という種類の紙を使用しております。
販売もしております
10枚1組(150円+税)にて販売もしております。 10枚であればお色はお客様のお好みでお選びいただけますので、ぜひご利用ください。
ページの先頭に戻る

Copyright © Yurindo All rights reserved.